日経ビジネス 2019/12/16号

時事深層 INDUSTRY
セール依存、苦悩するアパレル 「ひそかに」進める在庫処分

ブランド名を表示しなかったり、タグを外したりしながら衣料品を格安販売する手法が目立ち始めた。自社店舗網を持つ製造小売りで在庫の適正化が進む一方、出遅れた従来型アパレルが新たな販路として利用する。余剰在庫の抑制はアパレルの競争軸となっているが…(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1383文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
サービス・流通・生活・文化 > ファッション・衣料 > 衣料
update:19/12/25