日経ビジネス 2019/12/16号

特集 令和元年 謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない
PART3 準備不足もリアルタイムで可視化される 増える会見の生配信 問われる企業の対応

 世間が謝罪を受け止めるツールも変わりつつある。「謝罪の流儀」の潮流として、インターネットを活用した会見の生配信が存在感を増しつつある。スマートフォン(スマホ)が広く普及し、若年層を中心に動画をリアルタイムで視聴する習慣が浸透し始めた。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6300文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 令和元年 謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない(32〜33ページ掲載)
令和 元年 謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない
特集 令和元年 謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない(34〜37ページ掲載)
PART1 “王道”の謝罪会見にリスク満載 謝罪の流儀、刷新の時 従来の常識、通用せず
特集 令和元年 謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない(38〜45ページ掲載)
PART2 かんぽ、吉本、関電・・・・・・あの事件の謝罪会見は? 世間との“温度差” 読み違えがあだとなる
特集 令和元年 謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない(46〜49ページ掲載)
PART3 準備不足もリアルタイムで可視化される 増える会見の生配信 問われる企業の対応
特集 令和元年 謝罪の流儀 平成までの謝り方は通用しない(50〜51ページ掲載)
PART4 心理学からみる「謝罪とは何か」 謝罪から「深い謝罪」へ ハードルは高まる一方
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
インターネットサービス > マルチメディア配信 > 音楽・映像配信
インターネットサービス > ネット上のコミュニケーション > ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > テレビ番組・映画・演劇
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > 出版・新聞
【記事に登場する企業】
AbemaTV
AKS
ソフトバンクグループ
update:19/12/25