日経アーキテクチュア 2019/12/26号

特別リポート1
写真で見る10大ニュース2019 風水害・火災が相次いだ令和時代の幕開け

台風15号・19号による風水害、京都アニメーション放火事件、首里城火災─。平成から令和に変わった2019年も、建築の安全を揺るがす事件・災害が立て続けに発生した。施工不備が次々に露呈したレオパレス問題など、建築界が抱える構造的な問題も浮き彫りに。(6〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7118文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
update:20/01/02