日経アーキテクチュア 2019/12/26号

特集 戦後モダニズムを救え!
part1 再生の“王道” 世界平和記念聖堂(広島市) 原設計 村野藤吾/1954年竣工
目立たない耐震補強で意匠を守る

2019年9月、世界平和記念聖堂の耐震補強・補修工事が終わった。外観を見ても補強や補修の跡は分からない。国の重要文化財に指定されているため、既存の意匠が変わらない補強・補修方法を取り入れた。(36〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2422文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 戦後モダニズムを救え!(28〜29ページ掲載)
戦後モダニズムを救え!
特集 戦後モダニズムを救え!(30〜35ページ掲載)
part1 再生の“王道” 広島2大名作が過去最大の改修 広島平和記念資料館本館(広島市) 原設計 丹下健三/1955年開館
特集 戦後モダニズムを救え!(36〜39ページ掲載)
part1 再生の“王道” 世界平和記念聖堂(広島市) 原設計 村野藤吾/1954年竣工
特集 戦後モダニズムを救え!(40〜43ページ掲載)
part2 新たな選択肢 改変で新たな機能生む民の再生 鎌倉文華館鶴岡ミュージアム(神奈川県鎌倉市) 改修設計 丹青研究所 旧建物 神奈川県立近代美術館旧鎌倉館本館/設計 坂倉準三/1951年竣工
特集 戦後モダニズムを救え!(44〜45ページ掲載)
part2 新たな選択肢 横浜市現市庁舎街区等活用事業(横浜市) 事業提案 三井不動産グループ 原設計 村野藤吾/1959年竣工
特集 戦後モダニズムを救え!(46〜49ページ掲載)
part2 新たな選択肢 ホテルロイヤルクラシック大阪難波(大阪市) 設計 隈研吾建築都市設計事務所、鹿島 再現建物 新歌舞伎座/原設計 村野藤吾/1958年竣工
特集 戦後モダニズムを救え!(50〜53ページ掲載)
動向 使い続けるメニューを増やせ
特集 戦後モダニズムを救え!(54〜59ページ掲載)
part3 もう1つの現実 消えゆく戦後の名建築たち
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・不動産の市場・業界動向 > 建設・建築の市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 建設・建築の市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
update:20/01/02