日経マネー 2020/03号

特集3 介護にかかるお金、本当のところ
親の介護は「親のお金」で払える範囲で行うのが大原則

 女性の2人に1人、男性の4人に1人は90歳まで生きる時代。親のために多少無理してもと始めた支援も、長く続けば家計を圧迫し、自分たちの老後資金を削ってしまうような事態になりかねない。 親の介護費用には、親本人のお金を充てるのが基本だ。(98〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2532文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 介護にかかるお金、本当のところ(95ページ掲載)
介護にかかるお金、本当のところ
特集3 介護にかかるお金、本当のところ(96〜97ページ掲載)
介護費用は、在宅で月1万円〜、民間施設なら月15万円〜がめど
特集3 介護にかかるお金、本当のところ(98〜99ページ掲載)
親の介護は「親のお金」で払える範囲で行うのが大原則
特集3 介護にかかるお金、本当のところ(100〜101ページ掲載)
施設介護の費用は特養が最も安く介護付き有料老人ホームが高め
特集3 介護にかかるお金、本当のところ(102〜105ページ掲載)
介護に親のお金が使えない?! 元気なうちにやっておくべき準備
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
サービス・流通・生活・文化 > 住まい・暮らし > その他(住まい・暮らし)
update:20/02/15