日経ものづくり 2020/02号

事故は語る
着陸時に主脚の車軸が折損した大韓航空機 規定値オーバーのピボットピンが招いた腐食

 「航空重大インシデント調査報告書」に目を通した限りでは、ピボットピンの外径が規定値を超えていた点が、この事故のそもそもの起点と考えられる。ピボットピンの外径が規定値を超えていると、ブッシングへのはめ込みの圧力が高まる。そのため本来は摺動す…(89〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6129文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 飛行機・ロケット
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
メディアトレンド > エレクトロニクス > 設計・生産
【記事に登場する企業】
韓国・大韓航空
update:20/04/16