日経ビジネス 2020/03/02号

スペシャルリポート
「3.11」から10年目の電力業界 原発再稼働ままならず 成長の道筋描けるか

 本格化する福島第1原発の廃炉作業。だが、放射性物質のリスクを軽減しながらの作業はこれから珍しい光景でなくなる。「3.11」をきっかけに、電力各社は原発の廃炉を相次ぎ決めている。(48〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7325文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
政治・経済・社会 > 社会 > 災害・事件 ・裁判#
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > エネルギー事業の市場・業界動向
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > 原子力発電
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー事業の市場・業界動向
メディアトレンド > ビジネス・経済 > 市場動向
【記事に登場する企業】
関西電力
九州電力
四国電力
中国電力
中部電力
東京電力ホールディングス
東北電力
北陸電力
北海道電力
update:21/03/05