日経ものづくり 2020/03号

特集3
三菱電機にサイバー攻撃、防衛情報が流出
OS標準機能を巧妙に利用し検知と解析を遅らせる

三菱電機は2020年2月10日、サイバー攻撃を受けて防衛関連情報が盗まれた可能性があると明らかにした。ハッカーはウイルス対策ソフトウエアの脆弱性を突いて侵入。同月12日時点で、不正アクセスが疑われる端末(パソコンとサーバー)は世界で132台となっている。(75〜80ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7821文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3(75〜80ページ掲載)
三菱電機にサイバー攻撃、防衛情報が流出
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > サイバー攻撃・サイバーテロ
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
Bizトレンド > ITとの融合 > ものづくりIT・スマート工場
メディアトレンド > エレクトロニクス > 設計・生産
【記事に登場する企業】
三菱電機
update:20/03/20