日経ビジネス 2020/03/16号

時事深層 POLICY
公的保険適用で利用拡大に期待も 新型コロナ検査に「落とし穴」

新型コロナウイルスの感染の有無を検出する遺伝子検査(PCR検査)に対する公的保険の適用が始まった。より多くの人が検査を受けられるようになるとの期待が高まるが、実際はどうなのか。「陰性でも感染していないとは判断できない」との指摘もある。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1595文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
【記事に登場する企業】
国立感染症研究所
日本政府
update:20/03/24