日経ヘルスケア 2020/04号

失敗しない 介護ロボット活用術
介護記録システム 残業を生み出す記録の手間をどう減らす

宮本隆史社会福祉法人善光会理事 最高執行責任者 介護業務の効率化には、介護情報の記録や共有の仕方の見直しも大きな課題となる。 ほとんどの介護施設における記録業務は、まず手持ちのメモ帳などに情報を一時的に記録した後、水分表や排泄表など各種の書…(120〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2694文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療・製薬向け情報システム
情報システム > 特定業務システム > 医療・製薬向け情報システム
Bizトレンド > キーテクノロジー > ロボット
update:20/09/26