日経ビジネス 2020/04/20号

気鋭の経済論点
データで見る「コロナ禍の消費」 PCとテレビ、特需続かず

 まず、スーパーの食品の販売動向だ。生活必需品である食品は通常、例年、ほぼ同じように売れる傾向だ。しかし、前年同週比の販売額を示した下のグラフからは、明らかな「異変」が見て取れた。(70〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2909文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 小売店(コンビニ以外)#
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > 小売店(コンビニ以外)#
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
メディアトレンド > ビジネス・経済 > データ分析
update:21/03/05