日経コンストラクション 2020/05/11号

特集 設計危機 見逃される単純ミス
〔基準破りを見落とす〕 11cm確保したのにかぶり不足
厚木秦野道路のボックスカルバート(国土交通省関東地方整備局)

基準破りを見落とす 設計者は、底版の主鉄筋の中心からコンクリート表面までの芯かぶりを規定通り11cm確保して設計。ところが、発注者は「鉄筋のかぶり不足が判明した」として、設計者を1カ月の指名停止に。どこが間違っていた? 神奈川県内で工事が進む厚木秦…(52〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2034文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 設計危機 見逃される単純ミス(44〜45ページ掲載)
設計危機 見逃される単純ミス
特集 設計危機 見逃される単純ミス(46〜47ページ掲載)
〔設計条件を誤る〕 荷重半減の橋脚にひび割れ発生
特集 設計危機 見逃される単純ミス(48〜49ページ掲載)
〔設計条件を誤る〕 旧擁壁の設計ミスまで“復元”
特集 設計危機 見逃される単純ミス(50〜51ページ掲載)
〔設計条件を誤る〕 機転利かせた再現設計があだに
特集 設計危機 見逃される単純ミス(52〜53ページ掲載)
〔基準破りを見落とす〕 11cm確保したのにかぶり不足
特集 設計危機 見逃される単純ミス(54〜55ページ掲載)
〔基準破りを見落とす〕 ミス挽回のチャンスを逃す
特集 設計危機 見逃される単純ミス(56〜58ページ掲載)
〔発注者の不作為〕 上流と同じ桁下高なのに船通れず
特集 設計危機 見逃される単純ミス(59〜61ページ掲載)
〔発注者の不作為〕 不可解な設計委託で市が責任認める
特集 設計危機 見逃される単純ミス(62〜63ページ掲載)
露呈する技術力低下と予算不足
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 土木設計・デザイン
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建築トラブル > その他(建築トラブル)
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木設計・デザイン
メディアトレンド > 建築・土木 > 土木
【記事に登場する企業】
国土交通省
update:20/05/18