日経コンピュータ 2020/05/14号

ニュース&リポート 新型コロナの衝撃
開発進む濃厚接触の追跡アプリ 社会活動回復への救世主になるか

 新型コロナウイルスの感染経路を追跡するアプリの開発が世界で広がっている。Bluetooth機能を使い、感染者と濃厚接触した可能性を通知する。政府などがこのアプリをどう位置付けるかで、運用方法と効果は大きく変わる。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3307文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > モバイル端末用アプリ・サービス > スマートフォン・タブレット用アプリ・サービス
メディアトレンド > ビジネス・経済 > 海外展開
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > ICT > ITシステム
メディアトレンド > 健康 > 医療・予防
update:20/05/21