日経コンピュータ 2020/05/14号

特集2
徹底解説、DX初期フェーズの勘所

あらゆる業種でデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが本格化してきた。しかし何から手を付ければよいのか分からず悩んでいる企業が多いのが実態だ。参考にすべきは既にスタートを切った先人だ。先行企業は初期の構想フェーズで何に取り組んだのか。(36〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8087文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(36〜43ページ掲載)
徹底解説、DX初期フェーズの勘所
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システム構築事例 > 情報システム構築事例全般*
ビズボードスペシャル > 事例 > 情報システム構築事例全般*
Bizトレンド > ITとの融合 > DX(デジタルトランスフォーメーション)
メディアトレンド > ICT > IT経営
メディアトレンド > ICT > ITシステム
【記事に登場する企業】
東京海上日動火災保険
日揮
三菱ケミカルホールディングス
update:20/05/21