日経ものづくり 2020/07号

ニュースの深層
ゴーン拡大路線のツケに苦しむ日産 生産力20%減の構造改革で起死回生なるか

 [1]では、計画の最終年度となる23年度までに、現在720万台に達しているグローバルの年産能力を20%削減し、最大600万台(通常540万台)体制とする。そのために、世界各地の工場の生産ラインを削減し、一部の工場を閉鎖する。これにより、全工場の平均稼働率を8…(24〜28ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6645文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 生産体制(車・バイク)
メディアトレンド > エレクトロニクス > 設計・生産
【記事に登場する企業】
日産自動車
update:20/07/08