日経ものづくり 2020/07号

特集2 欠陥燃料ポンプでつまづいた 巨人デンソー
〔Part2 真因〕 CASEに気を取られ 品質管理プロセスに手抜かり?

 「処置が遅すぎる。なぜこんなに待ったのか」。Part1でも登場したデンソー出身の元開発設計者で品質保証に詳しい専門家(品質の専門家)はこういぶかしがる。欠陥燃料ポンプがリコールに該当する部品と判断するまでの期間が長すぎるからだ。(92〜97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7360文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 欠陥燃料ポンプでつまづいた 巨人デンソー(87ページ掲載)
欠陥燃料ポンプでつまづいた 巨人デンソー
特集2 欠陥燃料ポンプでつまづいた 巨人デンソー(88〜91ページ掲載)
〔Part1 原因〕 340万台超のメガリコール 「枯れた製品」でなぜいまさら?
特集2 欠陥燃料ポンプでつまづいた 巨人デンソー(92〜97ページ掲載)
〔Part2 真因〕 CASEに気を取られ 品質管理プロセスに手抜かり?
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
メディアトレンド > エレクトロニクス > 設計・生産
【記事に登場する企業】
デンソー
update:20/07/08