日経メディカル 2020/07号

特集 進化する脳梗塞急性期医療
進化する脳梗塞急性期医療
新しい「脳卒中センター」で救命率アップ!

 2020年、脳梗塞急性期の医療システムが変わろうとしている。全国975の医療機関が、24時間365日いつでも脳卒中患者を受け入れ、組織プラスミノーゲンアクチベーター(tPA)を投与できる「一次脳卒中センター」として稼動し始めた。循環器病対策基本法でうたわれた、…(43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:626文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 進化する脳梗塞急性期医療(43ページ掲載)
進化する脳梗塞急性期医療
特集 進化する脳梗塞急性期医療(44〜47ページ掲載)
全国975施設が「一次脳卒中センター」に
特集 進化する脳梗塞急性期医療(48〜52ページ掲載)
施設間協力に医療圏見直し、ドクターヘリ活用も
特集 進化する脳梗塞急性期医療(53ページ掲載)
〔Interview〕 日本は米国の“惨状”を他山の石とすべし
特集 進化する脳梗塞急性期医療(54〜55ページ掲載)
〔Interview〕 脳梗塞急性期医療の「見える化」目指す
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
メディアトレンド > 健康 > 医療・予防
update:20/07/17