日経Automotive 2020/08号

連載講座 ゼロエミッション時代のエンジン技術
〔第8回 燃焼解析ソフト「HINOCA(火神)」〕 エンジンの燃焼解析を実機試験並みの高精度に

 HINOCAは、SIP(戦略的イノベーション創出プログラム)革新的燃焼技術注1)から生まれたJAXA(宇宙航空研究開発機構)が所有する3次元のエンジン燃焼解析ソフトウエアである。 3次元のエンジン燃焼解析ソフトウエアは、すでにいくつかの商用ツールが販売されて…(74〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4150文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > エンジン・モーター
車・機械・家電・工業製品 > 産学連携・協同(車・機械・家電・工業製品) > 車・機械・家電・工業製品の産学連携・協同
ビズボードスペシャル > 産学連携・協同 > 車・機械・家電・工業製品の産学連携・協同
メディアトレンド > エレクトロニクス > クルマ技術/動向
【記事に登場する企業】
自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)
update:20/07/22