日経WOMAN 2020/08号

特集1 疲れた心がラクになる方法
専門家が太鼓判を押す 脳の疲れを取るTIPS
「よく寝る」以外にも方法はある!

「ドリンク剤やウナギには疲れを取る効果はないし、熱い風呂はむしろ自律神経が疲れる」(梶本さん)など、世間の疲労回復法には誤解も多い。科学的根拠のある脳疲労回復法を教えてもらいました!予防ダイエットで空腹に耐えない厳しく食事制限をするダイエッ…(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2631文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 疲れた心がラクになる方法(14〜15ページ掲載)
疲れた心がラクになる方法
特集1 疲れた心がラクになる方法(16〜17ページ掲載)
疲れない心を作るのは、脳とカラダの総合メンテ!
特集1 疲れた心がラクになる方法(18〜25ページ掲載)
心とカラダの不調を脱した人たちの新習慣
特集1 疲れた心がラクになる方法(26〜29ページ掲載)
心のモヤモヤが吹き飛ぶ快眠メソッド
特集1 疲れた心がラクになる方法(30〜31ページ掲載)
疲労回復には「脳休め」が決め手!
特集1 疲れた心がラクになる方法(32〜33ページ掲載)
専門家が太鼓判を押す 脳の疲れを取るTIPS
特集1 疲れた心がラクになる方法(34〜35ページ掲載)
科学的に正しいリモートワークの進め方
特集1 疲れた心がラクになる方法(36〜37ページ掲載)
心を疲弊させないリモートワークのコツ 実践編
特集1 疲れた心がラクになる方法(38〜39ページ掲載)
心が前向きに動きだす「小さな習慣」
特集1 疲れた心がラクになる方法(40〜41ページ掲載)
脳に忠実になれば無理なくやせられる
特集1 疲れた心がラクになる方法(42〜43ページ掲載)
ウイルスのプロが教える「疲れない感染対策」
特集1 疲れた心がラクになる方法(44〜47ページ掲載)
心の疲れを取る「うつ消しごはん」って?
特集1 疲れた心がラクになる方法(48〜49ページ掲載)
心をムダに消耗させないための情報収集の作法
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
メディアトレンド > 女性誌 > 生き方
update:20/08/14