日経ビジネス 2020/07/20号

時事深層 論点コロナ・エフェクト
通信インフラも都市も前提が変わる 人を集める価値が揺らぐ

集客力がある施設があれば高い経済効果が得られるという前提が新型コロナウイルスで揺らぎ始めた。離れていてもイベントを共有できるようにするためのリモート化の投資が進む。人の密集を前提にした旧来型の都市計画の見直しを訴える動きも出てきた。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1541文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
建設・不動産 > 不動産事業 > 都市計画
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 都市計画
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話・PHSサービス*
Bizトレンド > キーテクノロジー > 5G
メディアトレンド > 技術トレンド > 5G/通信
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
update:20/07/27