日経ビジネス 2020/07/20号

ケーススタディー 買収後の統合作業
ミネベアミツミ(機械加工品、電子部品大手) M&A強者になる3つの法則

 「Day1までが勝負。現場同士で徹底的に協議し、早くから課題解決に取り組もう」。貝沼氏は買収のたびに現場にこう言い聞かせてきた。株式の移動が完了してから統合作業を進めるのではなく、統合日の当日から同じ会社としてスタートダッシュする準備をする。(52〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7434文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
メディアトレンド > ビジネス・経済 > マネジメント
【記事に登場する企業】
エイブリック
ミネベアミツミ
update:20/07/27