日経ヘルスケア 2020/10号

介護トラブル 炎上させないクレーム対応
鍵をつけないから管を抜かれた

前述のように、Sさんの居室の施錠は身体拘束には該当しません。しかし、防火安全の観点からは、火災発生時などの避難の障害になることが考えられ、居室への施錠には問題があります。 火災発生時のリスクは、施錠の方法によって異なります。(101〜102ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2374文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護#
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > その他(バイオ・医療トラブル)
update:20/10/28