日経ビジネス 2020/10/19号

世界の最新経営論 MIT流 経済成長の処方箋
3 産業革命の自動化とは違う AIはやはり労働者の“敵”

AI(人工知能)は人類から雇用を奪うのか。経済学者の間でも見解が分かれるテーマについて、2019年にノーベル経済学賞を受賞したアビジット・バナジー米マサチューセッツ工科大学(MIT)教授が考察する。 2017年9月、欧米を中心とする経済学者の意見をまとめる「…(78〜79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3029文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン#
企業・経営・ビジネス > 人事 > ワークスタイル#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
政治・経済・社会 > 国内経済 > 雇用#
Bizトレンド > キーテクノロジー > AI
メディアトレンド > ビジネス・経済 > 市場動向
メディアトレンド > ビジネス・経済 > AI(ビジネス)
メディアトレンド > ビジネス・経済 > マネジメント
【記事に登場する企業】
米マサチューセッツ工科大学(MIT)
update:21/03/05