日経ビジネス 2020/10/26号

特集 しぶとい会社 ピンチをチャンスにする技術
PART1 ソフトバンクGはなぜしぶとい? 危機を好機に変える4つの技術

 巨額の赤字を計上し「守り」に入っているようにも見えるが、その実態は「攻め」といっていい。これが同社のいつものやり口だ。ソフトバンクという会社はもともと、目の前に現れたピンチをいつの間にかチャンスに変えることを繰り返し、成長してきた会社だ。(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5671文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 しぶとい会社 ピンチをチャンスにする技術(24〜25ページ掲載)
しぶとい会社 ピンチをチャンスにする技術
特集 しぶとい会社 ピンチをチャンスにする技術(26〜29ページ掲載)
PART1 ソフトバンクGはなぜしぶとい? 危機を好機に変える4つの技術
特集 しぶとい会社 ピンチをチャンスにする技術(30〜37ページ掲載)
PART2 人材育成や新規受注のきっかけに ピンチは成長の糧 コロナで強くなった会社
特集 しぶとい会社 ピンチをチャンスにする技術(38〜41ページ掲載)
PART3 ベテラン経営者が明かす ピンチで折れないリーダーの条件
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > コーポレートガバナンス#
メディアトレンド > ビジネス・経済 > マネジメント
【記事に登場する企業】
ソフトバンクグループ
トヨタ自動車
星野リゾート
米マイクロソフト社
update:21/04/21