日経ビジネス 2020/10/26号

スペシャルリポート
「強権」中国との距離感 対中戦略、転換するか欧州が抱えるジレンマ

 とりわけ英国には、中国マネーが深く浸透している。通信や原子力発電、空港、水道などでは中国製の機器や中国資本が多く取り入れられている。深い経済関係を築き、15年頃のキャメロン英首相時代には、英中関係は「黄金時代」にあるとたたえ合った。(42〜46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8018文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題#
メディアトレンド > ビジネス・経済 > 海外展開
【記事に登場する企業】
イタリア政府
欧州連合(EU)
中国政府
ドイツ政府
update:21/04/21