日経ヘルスケア 2020/11号

医療・介護経営者のための人事・労務入門
高齢の職員も同一労働同一賃金? 定年前と定年後の差はどう考える?
能力や意欲に応じた働き方を複数用意して1年ごとに更新

A事務長 高齢の職員の処遇です。当施設では、人手不足という事情もあり、定年を迎えた60歳以降の方を嘱託職員として積極的に雇用しています。65歳を超える方は普通に働いていて、後期高齢者といわれる75歳以上の方も珍しくありません。(82〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4716文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護・看護#
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局#
メディアトレンド > 技術トレンド > 働き方改革
update:22/08/16