日経ビジネス 2020/12/07号

時事深層 POLICY
金融庁、地銀再編に新型支援金 原資は埋蔵金、見えぬ本気度

金融庁は、合併・統合を選択した地方銀行を新たに支援する制度を固めた。預金保険機構の利益剰余金を原資に、支援金で再編を手助けする仕組みだ。かつて公的資金を入れた地銀の再編を促す狙いもあるが、効果と本気度はなお見えにくい。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1533文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収 ・業務提携#
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス#
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治#
メディアトレンド > ビジネス・経済 > マネジメント
【記事に登場する企業】
金融庁
update:21/03/05