日経ヘルスケア 2020/12号

特集2 見えてきた2021年度介護報酬改定
5つの改定方針の検討状況
データ提出やICT導入が要件化 「科学的介護」の下地づくりへ

対応力強化 次期改定のテーマの中でも、感染症の発生・拡大の防止は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規感染者急増への警戒感が強まっている現在、喫緊の検討課題だ。11月9日および26日の社会保障審議会・介護給付費分科会では、「日常的な対応が必要…(52〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8674文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 見えてきた2021年度介護報酬改定(50〜51ページ掲載)
見えてきた2021年度介護報酬改定
特集2 見えてきた2021年度介護報酬改定(52〜58ページ掲載)
5つの改定方針の検討状況
特集2 見えてきた2021年度介護報酬改定(59〜63ページ掲載)
サービス別の検討状況
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護#
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品#
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療報酬#
Bizトレンド > ITとの融合 > デジタルヘルス・医療IT
update:20/12/17