日経ビジネス 2020/12/14号

時事深層 INDUSTRY
コンビニ大手が公取に改善計画 FCとの関係、譲歩に透ける本音

 公取の改善要請は2019年10月から20年8月にかけてコンビニ本部8社とFC加盟店約1万2000店に対して実施した調査を基にしている。9割以上の店舗が人手不足を感じ、77%は深夜帯が赤字。「本部が時短営業の交渉に応じていない」とする回答も9%あった。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1581文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > コンビニエンスストア#
メディアトレンド > ビジネス・経済 > 市場動向
メディアトレンド > ビジネス・経済 > マネジメント
【記事に登場する企業】
公正取引委員会
セブン-イレブン・ジャパン
ファミリーマート
ミニストップ
ローソン
update:21/03/05