日経ビジネス 2020/12/14号

特集 日立と東芝 どん底を見た総合電機の行方
日立と東芝 どん底を見た総合電機の行方

長きにわたりライバルとして比較されてきた日立製作所と東芝。競合する事業分野は徐々に減り、規模や稼ぐ力にも差が出てきている。そんな両社の道はどこで分かれたのか。違いはどこにあったのか。そして、これからどこに行こうとしているのか。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:257文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 日立と東芝 どん底を見た総合電機の行方(24〜25ページ掲載)
日立と東芝 どん底を見た総合電機の行方
特集 日立と東芝 どん底を見た総合電機の行方(26〜27ページ掲載)
PROLOGUE あなたが知る日立・東芝はもういない
特集 日立と東芝 どん底を見た総合電機の行方(28〜31ページ掲載)
PART1 時代に流された日立 賭けに敗れた東芝
特集 日立と東芝 どん底を見た総合電機の行方(32〜35ページ掲載)
PART2 「総合電機」の先に何が トップが描く未来像
特集 日立と東芝 どん底を見た総合電機の行方(36〜41ページ掲載)
PART3 脱「ものづくり」思考 成功の鍵は人にあり
関連カテゴリ・企業名
update:21/03/05