日経ビジネス 2021/02/15号

敗軍の将、兵を語る
米偽装で地域イメージ失墜 中尾博憲氏 [四万十町長]

昨年10〜11月にかけ、地元ブランド米「仁井田米」で不祥事が発覚した。販売業者の一つであるJA高知県が産地や年度の表記を偽り、販売量を増やしていた。地域の責任者として、特産品のイメージダウンに「残念でならない」と唇をかむ。(82〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2914文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > 第一次産業 > 農業
メディアトレンド > ビジネス・経済 > マネジメント
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:21/03/05