日経ビジネス 2021/03/29号

検証 そのとき企業は
SERIES3 スルガ銀行 勤め人を陥れた不正融資 No 4 変われる地銀だけが生き残る

 国会審議を通じて鮮明になったのは、スルガ銀に限らず、地方銀行の旧来型ビジネスモデルが限界に近づいていることだ。第一地銀が加盟する全国地方銀行協会の損益合計をみると、本業から得た利益である業務純益は10年度に1兆3818億円だったが、19年度には9761億…(76〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3231文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > コーポレートガバナンス#
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス#
メディアトレンド > ビジネス・経済 > マネジメント
【記事に登場する企業】
スルガ銀行
update:21/04/21