日経メディカル 2021/04号

判例に学ぶ医療トラブル回避術
輸液の漏出で後遺障害 夜間確認の過失を認定

 患者A(50歳代男性)は、2014年6月、Bクリニックでの1泊の検査入院を経て睡眠時無呼吸症候群と診断された。Aは、同月、C病院耳鼻咽喉科を外来受診したところ、やはり睡眠時無呼吸症候群と診断された。手術目的で同月27日にC病院に入院となり、7月16日、両口蓋扁桃…(32〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4150文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般#
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故#
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般#
メディアトレンド > 健康 > 医療・予防
update:21/04/17