日経ビジネス 2021/06/07号

賢人の警鐘
「保守傾向強い『粘土層』、中間層の意識を変えるのがガバナンス革新の鍵だ」 早稲田大学大学院教授 川本裕子

 金融庁と東京証券取引所は6月にコーポレートガバナンス・コードの3回目の改訂版を出す。同コードは、持続的な成長のために企業の収益力を強化し、それを賃金や投資リターンの向上に結び付け、経済全体の成長を高める好循環を目指して2015年に適用が始まった。…(94ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1686文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > コーポレートガバナンス#
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
update:21/07/19