日経アーキテクチュア 2021/06/24号

特集 急襲! ウッドショック
ウッドショックで大混乱 木材足りず工事を一時中断、輸入材価格1.5倍で現場が悲鳴

 幸いなことに、この夫婦の住宅ではウッドショックの影響は住宅価格の上昇だけにとどまった。6月上旬、プレカット会社から「木材を確保できそうだ」との連絡が入ったからだ。綱渡りのスケジュールだったが工事の遅延はほぼなさそうだ〔写真2〕。(32〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3786文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 急襲! ウッドショック(30〜31ページ掲載)
急襲! ウッドショック
特集 急襲! ウッドショック(32〜35ページ掲載)
ウッドショックで大混乱 木材足りず工事を一時中断、輸入材価格1.5倍で現場が悲鳴
特集 急襲! ウッドショック(36〜37ページ掲載)
ウッドショックで大混乱 ウッドショック、建て主に聞かれたら? 4つの疑問に答える
特集 急襲! ウッドショック(38〜41ページ掲載)
決断迫られる住宅会社 大手で始まった住宅値上げ、価格転嫁をあきらめる工務店も
特集 急襲! ウッドショック(42〜43ページ掲載)
決断迫られる住宅会社 木材業界のキーマンが語る「ウッドショック」
特集 急襲! ウッドショック(44〜46ページ掲載)
秋野弁護士が解説 建て主との対立は下策、ウッドショック紛争を回避せよ
特集 急襲! ウッドショック(47〜49ページ掲載)
国産材復活は幻想か 木材流通を再構築し、ウッドショックをウッドチャンスへ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材#
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材#
メディアトレンド > 建築・土木 > 建築
メディアトレンド > メディア > 建設/土木関連
update:22/03/26