日経アーキテクチュア 2021/06/24号

トピックス
内田祥哉 建築構法学を確立 研究と実践を続けた半生

 時代によってテーマは変遷したが、最大の功績はプレハブ研究だ。戦後、約420万戸の住宅不足がいわれ、住宅の量産化は急務の課題だった。加えて昭和30年代は、塩化ビニルのクロス材といった「新建材」も登場し、人手をかけずに新建材をどのような判断基準で取…(66〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4625文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール#
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材#
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール#
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材#
メディアトレンド > 建築・土木 > 建築
メディアトレンド > メディア > 建設/土木関連
update:22/03/26