日経ビジネス 2021/08/09号

時事深層 GLOBAL
狙われた教育産業 中国、少子化「2大要因」排除か

 中国政府が教育や不動産関連企業への規制を強化した関係で、中国の資本市場が大幅安となった。少子化の要因である経済負担増を緩和する目的と見られ、規制は企業の資本調達に関するものまで広範に及ぶ。資本市場の健全な成長よりも、国内統制を重視する当局の…(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1572文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 教育サービス > 学習塾・予備校
政治・経済・社会 > 社会 > 海外の社会事情
メディアトレンド > ビジネス・経済 > 市場動向
メディアトレンド > ビジネス・経済 > 海外展開
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
【記事に登場する企業】
中国政府
update:21/08/16