日経アーキテクチュア 2021/11/11号

建築訴訟「ここが知りたい」
第47回 計画迷走のツケが設計者に
業務遅延で契約解除、違約金支払いなどを命じる

 業務遅延の問題では、期日までに実施設計が完了していなかったとしても、「技術的な理由、法令による規制などの制約があるとき、建て主の予算を上回る過大な希望・要求があるとき、度重なる設計変更があるときなどについては、建築士事務所の責めに帰すべき…(14〜16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3141文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令#
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)#
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令#
メディアトレンド > 建築・土木 > 建築
メディアトレンド > メディア > 建設/土木関連
update:21/11/18