日経ヘルスケア 2021/12号

医療・介護経営者のための人事・労務入門
介護職員が同僚を誘って忘年会を企画 新型コロナが下火とはいえ、大丈夫か?
行動ガイドラインを示して感染予防の自覚を促す

社労士 まず、職員の私生活にどこまで踏み込めるのかという点から確認しましょう。日本国憲法第13条では「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」を保障しており、私生活の自由が守られる根拠になっています。 職員にしてみれば、雇用契約によって決め…(73〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4113文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 看護・介護 > 介護・看護#
メディアトレンド > メディア > 医療関連
update:21/12/17