日経Automotive 2022/01号

Cover Story 無人運転に挑む日本のMaaS
〔Part2〕日本のMaaSはここまで来ている 現実味増す無人運転MaaS

 遠隔監視のみの無人運転化に向けて開発を加速させている日本のMaaS—。その実力は、どこまで進化してきているのか。Part2では、実際に提供・実施されている代表的なサービスや実証実験から現状を見ていく。(42〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:13695文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Cover Story 無人運転に挑む日本のMaaS(34〜35ページ掲載)
無人運転に挑む日本のMaaS
Cover Story 無人運転に挑む日本のMaaS(36〜41ページ掲載)
〔Part1〕目指すは遠隔監視のみの無人運転 増えるレベル4見据えた実証実験
Cover Story 無人運転に挑む日本のMaaS(42〜51ページ掲載)
〔Part2〕日本のMaaSはここまで来ている 現実味増す無人運転MaaS
Cover Story 無人運転に挑む日本のMaaS(52〜57ページ掲載)
〔Part3〕残された課題 積み重ねと発想の転換をバネに
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > マーケティング・商品企画#
Bizトレンド > ビジネス・サービス > MaaS
メディアトレンド > エレクトロニクス > クルマ技術/動向
メディアトレンド > 技術トレンド > MaaS
メディアトレンド > メディア > 電子/機械/科学関連
【記事に登場する企業】
WILLER
NTTドコモ
日産自動車
ホンダ
BOLDLY
update:21/12/18