日経ビジネス 2021/12/27号

特集 再始動2022 見えたコロナの先
PART1 浮上する外食、小売り、観光 我慢重ねた2年 リベンジ消費に火

 コロナ禍の前の19年までは、1万5000〜2万円の「竹」のコース料理が人気を博していた。現在は最も高級な2万〜3万円の「松」のコース料理が好調だ。客数がコロナ禍以前の水準にまで回復し、客単価も大幅にアップしているためレストラン事業の売り上げは19年の同じ…(14〜21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10524文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 再始動2022 見えたコロナの先(12〜13ページ掲載)
再始動2022 見えたコロナの先
特集 再始動2022 見えたコロナの先(14〜21ページ掲載)
PART1 浮上する外食、小売り、観光 我慢重ねた2年 リベンジ消費に火
特集 再始動2022 見えたコロナの先(22〜25ページ掲載)
PART2 コロナ、脱炭素、サプライチェーン ニッポン復活へ 新たな試練と商機
特集 再始動2022 見えたコロナの先(26〜27ページ掲載)
PART2 不動産はどうなる 首都圏の平均、バブル超え 新築マンション 7000万円突破も
特集 再始動2022 見えたコロナの先(28〜32ページ掲載)
PART2 脱炭素はどうなる 航空産業で急浮上 廃食油で再生燃料 ごみが新たな鉱脈に
特集 再始動2022 見えたコロナの先(33〜37ページ掲載)
PART3 解けぬ対立、国内経済にも不安 強まる内憂外患 米中政権の隘路
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 景気対策#
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気対策#
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
update:22/01/22