日経パソコン 2021/12/27号

特集1 Windows 10をあと4年使う
プロローグ Windows 10パソコンはまだまだ現役

 確かに、Windows 11には、目を引くような変化がいくつかある。マイクロソフトはWindows 11で「生産性を向上するために、デザインを簡素化した」として、スタートボタンやタスクバーの仕様を変更した。加えて、ウインドウ整列機能の「スナップレイアウト」を改良…(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2807文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 Windows 10をあと4年使う(12〜13ページ掲載)
Windows 10をあと4年使う
特集1 Windows 10をあと4年使う(14〜15ページ掲載)
プロローグ Windows 10パソコンはまだまだ現役
特集1 Windows 10をあと4年使う(16〜21ページ掲載)
Part 1 Windows 10にある長年の不満を解消
特集1 Windows 10をあと4年使う(22〜25ページ掲載)
Part 2 Windowsを初期化して全ての不調を取り払う
特集1 Windows 10をあと4年使う(26〜29ページ掲載)
Part 3 Windows 11に負けない快適環境を手に入れる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows#
日経パソコンEdu用記事(非表示) > Windowsを使いこなす > Windows 10活用術
メディアトレンド > ICT > PC
メディアトレンド > メディア > パソコン関連
【記事に登場する企業】
米マイクロソフト社
update:22/03/01