日経トップリーダー 2022/01号

特集3 新春特別企画 稲盛哲学に私たちがはまる理由
稲盛哲学に私たちがはまる理由
中国・盛和塾の若手経営者座談会

稲盛和夫氏の経営哲学を学ぶ「盛和塾」が中国で大人気だ。今やその会員数は1万4000人に上る。日本では2019年、高齢を理由に稲盛氏が塾を閉めたが、中国ではその後も会員数を拡大。稲盛氏を筆頭に日本の経営思想は、なぜ海外で受け入れられるのか。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:476文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 新春特別企画 稲盛哲学に私たちがはまる理由(36〜37ページ掲載)
稲盛哲学に私たちがはまる理由
特集3 新春特別企画 稲盛哲学に私たちがはまる理由(38〜47ページ掲載)
陳 淑林×趙 偉×黄 健
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
メディアトレンド > ビジネス・経済 > マネジメント
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
update:22/01/22