日経トップリーダー 2022/01号

破綻の真相
禍根が表面化した21年 備えのなさが破綻に直結
[記者座談会]

新型コロナの緊急事態宣言下の期間が長かった2021年。企業の経営破綻はどのような要因が多かったのか。「破綻の真相」担当記者が、21年の動向と今後の見通しを話す。秋山 2021年はコロナ関連の金融支援政策によって、倒産件数は歴史的と言える低い水準だった。(58〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4691文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
この号を購入
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
メディアトレンド > ビジネス・経済 > マネジメント
メディアトレンド > メディア > ビジネス関連
update:22/01/22