「日経BP記事検索サービス」には、4つの検索方法があります。
検索から閲覧までは下記の流れで行います。


トップページ上部の検索窓を利用した検索に加え、その下のタブボタンから3種類の検索方法を選べます。用途により使い分けることができます
キーワード検索(雑誌記事を検索)
エキスパート検索(複数条件で探す)
お好きな用語で簡単に検索できます。複数のキーワードを入力した場合、それらをすべて含む(AND)条件で検索します。→詳細はこちら 「複数条件で探す」をクリックして下さい。複数の用語や対象雑誌を絞り込むなど、さまざまな条件を設定して検索が可能です。→詳細はこちら

雑誌発行日検索(雑誌の表紙で探す)
企業名検索(会社名で探す)
「雑誌の表紙から探す」をクリックして下さい。特定の雑誌のバックナンバー閲覧に便利です。→詳細はこちら 「会社名から探す」をクリックして下さい。企業ごとに特化した記事のみをピックアップします。→詳細はこちら


各検索に必要な条件を入力して下さい。検索方法の詳細は下記を参照して下さい。
→4つの検索方法


検索された件数と、記事タイトルを新しいものから順番に表示します。一度検索した結果からさらに条件を絞り込んで検索することも可能です。
→さらに絞り込むには


検索結果から読む記事を決め、閲覧方法(テキスト・PDF)のどちらかをクリックすればダウンロードが開始されます。
※PDFの閲覧にはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerは左のボタンのリンク先から入手できます。


「ご希望の用語」を入力して検索できます。検索エンジンがその用語を探して走り、収録されている全データの中から、「その用語を含む記事」をピックアップします。新しいものから順番に表示します。さらに絞り込んでいくことも可能です(→参照:※さらに絞り込むには)

読みたい雑誌の「発行年」を選択すると、その年の発行号の一覧が表示されます。各発行号をクリックすると、その号に収録された記事一覧が目次順に表示されます。

用語・検索個所・期間・雑誌などの項目をあらかじめ絞り込んで検索できます。
1)まずは「ご希望の用語」(5つまで指定が可能)を入力。それぞれをAND、OR、ANOTで結ぶことができます。
[連結の種類]
 A「AND」B → AかつB
 A「OR」B → AまたはB
 A「ANOT」B → Aのうち、Bは含まない
2)また検索する個所を「全文」「タイトルのみ」の2つから選択できます。
3)さらに検索期間を「指定なし(=全期間)」「1ケ月以内」「3ケ月以内」「6ケ月以内」「1年以内」から選べます。発行日の範囲を指定することもできます。
4)また検索対象雑誌を雑誌ごともしくは関連雑誌グループから複数指定できます。(雑誌および関連雑誌グループを指定する場合は、必ず、”媒体名での絞り込みを「行う」”にしてください。)
検索結果からさらに絞り込んでいくことも可能です(→参照:※さらに絞り込むには)

上記3検索とは少し違った検索方法です。単純にその企業名を含む記事を機械的に検索するのではなく、「その企業に関連の深い記事」のみを専門の記者が選び出し、企業ごとにインデキシングしています。その企業が主要に取り上げられている記事だけをピックアップしますので、特定の企業の業績やサービス、最近の動向などを調べたいときなどに最適な検索方法です。
なお、複数の表記が知られている企業(例:日本電気・NEC)は、いずれの表記でも検索できます。
1)まずは、企業名を選択します。「五十音から探す」「企業名の一部から探す」のいずれかを使います。
2)「五十音」の場合は、その音で始まる企業名の一覧が、「企業名の一部」の場合は、その文字列を含む企業名の一覧が表示されます。
3)企業名を一つ選択、クリックすると、その企業に関連する記事の一覧が表示されます。
検索結果からさらに絞り込んでいくことも可能です(→参照:※さらに絞り込むには)


各検索方法において、検索結果ををさらに絞り込んで検索することができます。
検索結果欄(検索条件・検索結果件数)の下に表示される「さらに絞り込む」欄に入力して下さい。検索個所(全文か、タイトルのみか)と検索用語を指定して、一次検索の結果からさらに細かく検索できます。

※検索に関するご注意
●テキストの最小単位は1記事、PDFの最小単位は1ページとなっています。
よって1ページ内に複数の記事が掲載されている場合、PDFで表示した際に別の記事も同時に表示されてくることがあります。予めご了承下さい。
● PDF表示の際、図表や写真部分にマークが出てくる場合がまれにあります。これは日経BP社に使用権のない写真やデータです。弊社は極力マークを減らすよう努力していますが、一部まだ使用権が獲得できないデータが含まれています。予めご了承下さい。

Copyright (c) Nikkei Business Publications,Inc. All Rights Reserved.