カスタムページの設定変更

12件の検索結果  1〜12件を表示

キーワード |'@shうつ'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 0.5

    ドコサヘキサエン酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    魚油に含まれる成分で、必須脂肪酸であるn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)の一つ。DHAと略記される。脂肪や悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす作用、高血圧の予防、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の予防、視力の向上、躁うつ病やうつ病、認知症の改善、抗がん作用など、幅広い効用があるとされている。DHAを含む食品が「中性脂肪値を下げる効果が期待できる」という内容のトクホ(特定

  • 0.5

    エイコサペンタエン酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    魚油に含まれる成分で、必須脂肪酸であるn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)の一つ。EPAと略記される。イコサペンタエン酸(IPA)と呼ぶこともある。血液をサラサラにして動脈硬化などを防ぎ、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を改善するなど、ドコサヘキサエン酸(DHA)と同じく、幅広い効用があるとみられている。青魚に多く含まれる。一部は体内でDHAに変換される。EPAを安定化したEPAエチル

  • 0.5

    亜鉛(サプリメント事典, 2011/08/01)

    遺伝子が働くために欠かせないミネラル。たんぱく質やホルモンの合成など、多くの新陳代謝にかかわる。亜鉛が不足すると、味覚障害や免疫力の低下、ホルモン生成の低下、皮膚炎、うつ病などの精神障害が起きることも。食品では、カキに飛び抜けて多く、煮干し、ゴマ、ココア、小麦胚芽、レバーなどにも多い。1日当たりの摂取目安量に亜鉛が2.1〜15含まれている食品には「保健機能食品」(栄養機能食品)の表示が認められ

  • 0.5

    ムイラプアマ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Ptychopetalum olacoidesなど。アマゾンの熱帯雨林に原生するボロボロノキ科の薬草。キンモクセイのような香り。現地では、樹皮が胃腸を強くするお茶として、樹皮や根から取ったエキスがマッサージ薬や入浴剤として使われる。強壮作用で知られ、栄養ドリンクに配合される。また、うつや神経痛、月経痛、PMS(月経前症候群)の諸症状にも効果がある。有効成分は、ムイラプアマだけに含まれる特殊

  • 0.5

    β-カリオフィレン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    イランイランやクローブ(丁子)などの精油に多く含まれる香り成分。香りをかぐと、PMS(月経前症候群)やマタニティーブルー、更年期障害など、ホルモンバランスの変化に伴う不安や憂うつを軽くする効果がある。

  • 0.5

    ヒペルフォリン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    抗うつ作用を持つハーブ、セントジョンズウォートの有効成分。以前はヒペリシンが有効成分と考えられていたが、最近の研究でヒペルフォリンに抗うつ作用があることがわかってきた。有効量を摂取するために、サプリメントではヒペルフォリンを4%以上含むと明記された商品を、次善の策としては、ヒペリシン0.3%以上のものを選ぼう。

  • 0.5

    デヒドロエピアンドロステロン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    主に副腎皮質で作られ、男性ホルモンのテストステロンやその前駆体のアンドロステンジオン、女性ホルモンのエストロゲンへと変換されるホルモン。DHEAと略称で呼ばれることが多い。中年過ぎから血液中のDHEA量が急激に減るため、「若さの源」となるホルモンとして、米国で人気の高いサプリメント成分になった。勃起障害やうつ、疲労感、更年期障害、免疫力の低下などを改善するとの報告がある。日本では医薬品に区分さ

  • 0.5

    セントジョンズウォート(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Hypericum perforatum。オトギリ草科の多年草。和名はセイヨウオトギリソウ。有効成分と考えられているヒペルフォリンが、脳内のセロトニン濃度を高めてうつ症状を抑えるとされる。軽度、中等度のうつ症状に向く。米国では「ストレスを退治するハッピーハーブ」として人気が高く、ドイツでは医薬品扱い。1日にエキス300〜900を服用する。次の薬と併用すると、薬の作用を弱めてしまう可能性があ

  • 0.5

    ゼラニウム(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Pelargonium asperum。南アフリカ原産、フウロソウ科の多年草。花や葉から抽出した精油がアロマセラピーに用いられる。バラに似た香りで、不安と抑うつ感を鎮め、精神を明るく高揚させる。月経前症候群(PMS)や月経痛などにもいいとされる。

  • 0.5

    ジャスミン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Jasminum officinaleなど。中国などが原産のモクセイ科の熱帯性植物。白い花は甘くエキゾチックな香りがあり、食用や香料、薬用に使われる。鎮静作用、抗うつ作用、強壮作用、更年期障害の諸症状の緩和、リラックスなどの効果があるとされる。ジャスミン茶は、加湿した中国緑茶に、この花の香りを移したもの。この香りを好きな人がかぐと、心拍数が低下し、副交感神経系が亢進するリラックス効果が得ら

  • 0.5

    サミー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    米国で一般的なサプリメント成分の一つで、クレアチン、コリンなど、様々な生理物質が体内で合成されるときに欠かせない成分。アミノ酸のメチオニンと、体内のエネルギー源であるアデノシン3リン酸(ATP)がくっついたもの(S-アデノシルメチオニン)で、活性メチオニンとも呼ばれる。原料のメチオニンは様々な食品に含まれているので不足する心配はほとんどないが、サミーの合成にはほかにビタミンB12と葉酸が欠かせ

  • 0.5

    4-ヒドロキシトリプトファン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    体内で神経伝達物質のセロトニンに変わる物質。5-HTPという略称が使われることが多い。普通の食品にはほとんど含まれておらず、アフリカ原産の植物、グリフォニア(学名Griffonia simplicifolia)から抽出した5-HTPが、サプリメントとして販売されている。ヒトを対象とした試験で、不眠や憂うつ感、頭痛を和らげる効果が報告されている。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ