カスタムページの設定変更

40件の検索結果  1〜20件を表示

キーワード |'@shストレスイライラ'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

  • 0.5

    エイコサペンタエン酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    魚油に含まれる成分で、必須脂肪酸であるn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)の一つ。EPAと略記される。イコサペンタエン酸(IPA)と呼ぶこともある。血液をサラサラにして動脈硬化などを防ぎ、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を改善するなど、ドコサヘキサエン酸(DHA)と同じく、幅広い効用があるとみられている。青魚に多く含まれる。一部は体内でDHAに変換される。EPAを安定化したEPAエチル

  • 0.5

    わさび(サプリメント事典, 2011/08/01)

    日本原産の本わさび(学名Wasabia japonica)と、西洋わさび(学名Armoracia rusticana Gaert.,Mey.Et Scherb)がある。辛み成分や香り成分に、消臭、制菌作用がある。わさびの抽出成分「わさびスルフィニル」は、活性酸素の産生を抑制する働きや抗酸化力を持つ。この成分は本わさびの根茎にしか含まれず、1gのわさびスルフィニルを得るのに2.5の根茎が必要だと

  • 0.5

    ローズペタル(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ローズの花びらのこと。乾燥した花を煎じたハーブティーには精神を落ち着かせたり、ホルモンバランスを調整する働きがあるといわれている。

  • 0.5

    レモンバーム(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Melissa officinalis。和名セイヨウヤマハッカ、コウスイハッカ、メリッサソウなど。シソ科の植物で、ハーブティーや精油として利用する。レモンに似た清涼感のある香りで、鎮静、鎮痛作用がある。バレリアンとの併用で睡眠が改善したという報告がある。アルツハイマー病にもいいとされる。外用で口唇ヘルペスの改善作用が確認されている。医療目的で使用する場合は、最長14日間の使用とすること。

  • 0.5

    レモンバーベナ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Aloysia triphyllaなど。和名をコウスイボク(香水木)という、クマツヅラ科の木。レモンの香りがする葉を七面鳥などの詰め物料理に使ったり、乾燥させてハーブティーにして楽しむ。精油やハーブティーにはリラックス作用があるという。

  • 0.5

    レモングラス(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Cymbopogon citratus。インド原産のイネ科の多年草。レモンの香り成分であるシトラールを含有しているため、レモンのような香りを持つ。トムヤムクンなどエスニック料理の香り付けに使うほか、ハーブティーや精油としても利用する。食用としては、胃腸の不快感を和らげ、食欲を増す効果があるとされ、精油には鎮静作用や殺菌作用があるとされる。料理やハーブティーなどで使う分には問題ないが、精油を

  • 0.5

    リローラ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    漢方薬で黄柏(おうばく)として知られるミカン科のキハダ(学名Phellodendron amurense)と厚朴(こうぼく)として知られるモクレン科のホオノキ(学名Magnolia abovata)を主成分にしたサプリメント。ストレスに効くといわれている。開発元の米ネクスト・ファーマシューティカルズ社の臨床研究では、200を2週間のみ続けると、ストレスホルモンの副腎皮質ホルモンが約4割減り、活

  • 0.5

    緑茶(サプリメント事典, 2011/08/01)

    カテキンやテアニンといった成分を含み健康飲料としても人気。カテキンは、緑茶の渋み成分。ポリフェノールの一種で、抗酸化力が強く、体脂肪を減らす作用に注目が集まっている。また、緑茶をたくさんのむ女性では、胃がんのリスクが低くなることが日本の疫学研究でわかっている。口臭予防効果や胃潰瘍の原因となるピロリ菌を減らす作用もある。テアニンは、緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種。自律神経系をリラックスさせ

  • 0.5

    ラベンダー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    シソ科の多年草。種類は多いが、「真正ラベンダー」と呼ばれるラベンダーアングスティフォリア(学名Lavandula angus-tifolia)の花から抽出した精油は、鎮静効果を持つ酢酸リナリル含有量が多く、アロマセラピーによく用いられる精油成分の一つ。消炎効果もある。花や葉を乾燥させたものは、ハーブティーとしても親しまれている。

  • 0.5

    メラトニン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    脳の松果体(しょうかたい)が分泌するホルモン。睡眠・覚醒のリズムを整える作用があり、入眠効果がある。1〜3を就寝の30分〜1時間前に服用する。一時的な利用はさしつかえないが、ホルモンなので常用は避けたい。また、妊娠中や授乳中の女性は、のまないほうがいい。活性酸素を除去する、ストレスを和らげる、脊椎側弯症(せきついそくわんしょう)の進行を止めるといった作用もあるといわれている。海外ではサプリメン

  • 0.5

    ホップ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Humulus lupulus。セイヨウカラハナソウともいう。ソウアサ科に属する蔓(つる)性の多年草。ビールの原料として有名だが、古くから薬草として用いられてきたハーブでもある。原産地はコーカサス地方といわれ、12世紀ごろから雌花の集まりの毯果(きゅうか:花に似たかたまり)がビールの醸造に利用されるようになった。ビール独特の苦みや香りのもととなる原料だ。中世ヨーロッパでまとめられたハーブ辞

  • 0.5

    ホスファチジルセリン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    脳や神経組織の細胞膜に多く含まれているリン脂質。PSと略記される。細胞膜の情報伝達を担うホスファチジルイノシトールの代謝にかかわっており、神経細胞の情報伝達を円滑にする。ウシの脳から抽出したPSを使った、厳密な臨床試験で、アルツハイマー病など加齢による認知症の進行を遅くする効果が確かめられているが、過剰使用するとその効果は減弱するとの報告もある。ただし、狂牛病(牛海綿状脳症=BSE)の感染リス

  • 0.5

    ベルガモット(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Citrus bergamia。地中海沿岸地域に育つかんきつ類。果実は食さず、抽出した精油成分がアロマセラピーや香料として利用される。甘いかんきつ系の香りで、気分をリフレッシュさせる作用がある。紅茶のアールグレイの香り付けにも使われる。

  • 0.5

    プチグレン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Citrus aurantium。ビターオレンジの小枝や葉から抽出した精油成分で、アロマセラピーに利用される。昔は未熟な果実から抽出していたため、「小さな実」を表す名前で呼ばれる。落ち着いたかんきつ系の香りで、気分をリラックスさせる作用がある。

  • 0.5

    ビタミンC(サプリメント事典, 2011/08/01)

    アスコルビン酸ともいう。レモンやピーマンなど、多くの野菜や果物に含まれる水溶性のビタミン。数多くの機能を担っている。代表的なものは、活性酸素を消去して体の酸化を防ぐ、皮膚や骨を丈夫にするたんぱく質「コラーゲン」の合成を助ける、ストレスに適応するためのホルモン合成を助ける──など。鉄の吸収やビタミンEのリサイクル(酸化されて効力を失ったビタミンEをもとの形に戻す)を助ける働きもあるので、サプリメ

  • 0.5

    ビターオレンジ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Citrus aurantium。和名はダイダイ。ドイツでは食欲不振、消化不良の薬として使われる。未熟果の抽出エキスは、脂肪細胞に働きかけて体脂肪の燃焼を促すとし、ダイエットサプリメントに用いられる。有効成分シネフリンは、米国で、人気を集めていたダイエットサプリメント成分、エフェドラの有効成分エフェドリンに類似の成分。エフェドラの販売が禁止されてからは、ビターオレンジが「ポストエフェドラ」

  • 0.5

    バレリアン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Valeriana officinalis。ヨーロッパや西アジアに自生するオミナエシ科の植物。和名はセイヨウカノコソウ。根や茎の部分を用いる。神経過敏や不安・不眠の症状を抑える。睡眠改善にはエキスで300〜400、根の乾燥物なら2〜3gを就寝前に、昼間のイライラ対策なら、その半量程度をのむといい。レモンバームやパッションフラワー(トケイソウ)と組み合わせると相乗効果が期待できる。独特の臭い

  • 0.5

    パッションフラワー(サプリメント事典, 2011/08/01)

    南米原産の蔓(つる)植物。イエス・キリストの張り付けの姿を連想させるためパッション(受難)フラワーと名付けられた。和名は花が時計の文字盤に似ていることからトケイソウ。様々な種類があるが、チャボトケイソウ(学名Passiflora incarnata)の花や蔓には、不安や興奮を鎮める作用や、筋肉のけいれんを止める作用がある。眠れない夜にハーブティーとして飲む。抽出成分のサプリメントもある。医薬品

  • 0.5

    発芽玄米(サプリメント事典, 2011/08/01)

    玄米を水につけ、わずかに発芽させた米。発芽状態にしてはい芽の酵素を活性化させることにより、玄米の健康機能が高まっている。イライラを緩和して血圧を下げるギャバ(γ-アミノ酪酸)は玄米の3倍(白米の10倍)に増える。その一方で、アレルギーの原因となるアレルゲンたんぱく質の量は大幅に減少している。ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの健康成分は玄米と同等量を含む。血中中性脂肪を下げ、エネルギー代謝

  • 0.5

    薄荷(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】漢方の生薬の薄荷(はっか)は主に学名でMentha aruensisと呼ばれるものを用いる。「涼性」で、発汗作用、体のエネルギーである「気」をめぐらせる作用、体の上部の熱を冷ます作用などがある。銀翹散(ぎんぎょうさん)や加味逍遙散(しょうようさん)などの漢方薬に含まれ、カゼの初期や花粉症、頭痛、目の充血、のどの腫れ、ストレス緩和などによく用いられる。

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ