カスタムページの設定変更

7件の検索結果  1〜7件を表示

キーワード |'@shニキビ'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 0.5

    ビタミンB2(サプリメント事典, 2011/08/01)

    2@@@@@@@@@ビタミンビーツー vitaminb @sh口内炎@ @sh頭痛@ @shニキビ@ --> 脂肪を分解してエネルギーを取り出すのに必要な水溶性のビタミン。食品ではレバーや魚、乳製品、納豆、卵などに多い。体内でリン酸が結合してフラビンモノヌクレオチド(FMN)やフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)になり、脂肪酸の分解や胆汁・コレステロールの合成、毒物の分解(解毒)などを

  • 0.5

    β-ヒドロキシ酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ヒドロキシ酸の一種で、略称のBHAがよく使われる。ニキビ治療や肌質の改善などを目的に、皮膚の角層をはがしやすくするとき(ピーリング)に使う弱酸性の酸。ヒドロキシ酸は、水酸基を持つカルボン酸のことで、構造によりα-ヒドロキシ酸(AHA)とβ-ヒドロキシ酸(BHA)に大別される。BHAにはサリチル酸がある。

  • 0.5

    フルーツ酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ニキビ治療や肌質の改善などを目的に、皮膚の角層をはがしやすくするとき(ピーリング)に使う弱酸性の酸の総称で、「α-ヒドロキシ酸」(AHA)という、自然界に多い酸を指す。ヒドロキシ酸は、水酸基を持つカルボン酸のことで、構造によりα-ヒドロキシ酸とβ-ヒドロキシ酸(BHA)に大別される。AHAにはグリコール酸、乳酸、クエン酸、リンゴ酸などがある。

  • 0.5

    グリコール酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    フルーツ酸(α-ヒドロキシ酸、AHAとも)の一種。皮膚に塗ると表面の角層をはがしやすくするピーリング作用があり、ニキビ跡の治療や、角層を整える化粧水などに使われている。

  • 0.5

    金銀花(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】スイカズラ(学名Lonicera japonica)の花のつぼみ。「寒性」で、主に感染性の病気に使われる。呼吸器や胃にこもった熱を取り除く作用があり、カゼによるのどの痛みや下痢、皮膚化膿症、発疹などに用いられる。カゼ薬の銀翹散(ぎんぎょうさん)などに配合されている。

  • 0.5

    黄連解毒湯(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】黄連(おうれん)、黄ごん(おうごん)、黄柏(おうばく)、山梔子(さんしし)という4種類の生薬から成る漢方薬。熱を取り、解毒する作用を持ち、皮膚化膿症やアトピー性皮膚炎などに用いられる。激しい作用を持った薬で、体のエネルギーである「気」や「血」を補う生薬は一切配合されていないため、冷えがあるときや体力がないときには用いるベきではない。また、必要な場合でも長期の連用は避ける。

  • 0.5

    α-ヒドロキシ酸(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ヒドロキシ酸の一種。フルーツ酸、あるいは略称のAHA(アーハ)で呼ばれることが多い。フルーツ酸は、ニキビ治療や肌質の改善などを目的に、皮膚の角層をはがれやすくする(ピーリング)ときに使う弱酸性の酸の総称。ヒドロキシ酸は、水酸基を持つカルボン酸のことで、構造によりα-ヒドロキシ酸(AHA)とβ-ヒドロキシ酸(BHA)に大別される。AHAにはグリコール酸、乳酸、クエン酸、リンゴ酸などが、BHAには

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ