カスタムページの設定変更

86件の検索結果  1〜20件を表示

キーワード |'@sh便秘整腸'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

  • 0.5

    亜麻仁油(サプリメント事典, 2011/08/01)

    中央アジア原産の一年草、亜麻(学名Linum usitatissimum)の種子から搾った油。フラックスシードオイルとも呼ばれる。必須脂肪酸であるn-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)の一種であるα-リノレン酸を豊富に含む。α-リノレン酸は体内に入ると一部がDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に変化する。リグナンも含む。ドイツでは便秘や過敏性腸症候群(IBS)にいいとされてい

  • 0.5

    食物繊維(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ヒトの消化酵素で消化されない食品中の難消化性成分の総称。その多くは糖質。糖尿病やがん、心疾患などの生活習慣病の予防に効果があることがわかり、「第6の栄養素」として注目されるようになってきた。国民健康・栄養調査などの結果から推定すると、実際の摂取量は1日15g前後なので、食物繊維は積極的に摂取を心がけたい。水溶性の食物繊維はコレステロール低下作用があり、血糖値の上昇も抑制する。不溶性の食物繊維は

  • 0.5

    レジスタントスターチ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    難消化性でんぷん、または酵素抵抗性でんぷんともいう。食物繊維と同様に小腸で消化吸収されにくく、大腸まで届くでんぷんの総称。大腸で腸内細菌の餌になり、その発酵物として酪酸や酢酸など整腸作用を持つ短鎖脂肪酸が作られる。中でも、整腸作用が強い酪酸を増やす働きは食物繊維以上とされる。レジスタントスターチは、未熟なバナナ、生の米や豆、芋類などに多く含まれるが、これらは加熱すると大幅に減り、冷めると再び増

  • 0.5

    ルイボス(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Aspalathus linearis。南アフリカ共和国の山野に自生するマメ科の針葉樹。ルイボスは現地語で「赤い灌木」の意味。葉を発酵・乾燥させたものをお湯で煮出す茶が赤いことからこのように呼ばれる。抗酸化力が強いフラボノイドやミネラルが豊富で、便通やアトピー性皮膚炎を改善する作用、血中中性脂肪の低下、HDLコレステロールを上昇させる作用、抗菌・殺菌作用があるとされる。

  • 0.5

    リグニン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    木の幹や種子の皮など、植物の細胞壁を構成する成分の一つ。リグナンがたくさんつらなった構造をしていて、細胞同士をくっつけるセメントのような役割を果たしている。食べても消化されず、細菌による分解もほとんど受けない不溶性食物繊維で、便のかさを増したり、血中コレステロールの抑制作用がある。シイタケなどのキノコ類は、このリグニンを分解する酵素を持っているので、木材を栄養にして育つことができる。

  • 0.5

    ラミナリン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    コンブなどの海藻に多く含まれる多糖類。水溶性の食物繊維で、便秘などを改善する作用や、コレステロールの吸収を抑制する作用などがあると考えられている。

  • 0.5

    ラフィノース(サプリメント事典, 2011/08/01)

    腸の善玉菌を増やしておなかの調子を整えるオリゴ糖の一つ。甜菜の糖蜜から分離されるため、ビートオリゴ糖ともいうが、大豆やハスの実などにも含まれる。整腸作用を得るための目安量は1日3g。ラフィノースを配合した食品が「おなかの調子を整える」トクホ(特定保健用食品)として認められている。ラフィノースにはこのほか、アトピー性皮膚炎の改善や免疫機能の強化、肝機能の強化などの作用が確認されている。

  • 0.5

    ラクトフェリン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    母乳や牛乳に多く含まれる糖たんぱく質の一種。特に出産直後の初乳に多い。人間の初乳には1ml当たりに5〜10含まれる。鉄と結合する性質があり、細菌から鉄イオンを奪うことで抗菌作用を発揮する。ほかに整腸作用や、胃潰瘍(かいよう)の原因菌であるピロリ菌除菌治療の効果を高める作用、歯周病抑制作用、がんや肝炎の発症を予防する作用の確認も進んでいる。また、腸で溶ける加工をしたラクトフェリンで内臓脂肪が低減

  • 0.5

    L・プランタルムSN34N株(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ナシから分離した、植物由来の乳酸菌。抗ピロリ菌作用のある多糖類を産生する。ヒト試験で、便通改善効果が確認されている。SN35Nを含む商品に、野村乳業の「ヨーグルト植物の恵(めぐみ)」がある。

  • 0.5

    L・プランタルムSN12T株(サプリメント事典, 2011/08/01)

    タイのナムという発酵豚肉ソーセージから分離した乳酸菌。ヒト試験で、便秘改善効果が確認されている。SN13Tを含む商品に、高原安瀬平乳業の「あせひらドリンクヨーグルト SN13T」がある。

  • 0.5

    ラクチュロース(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ミルクオリゴ糖ともいう。乳糖に由来するオリゴ糖の一種で、ガラクトースとフルクトースから構成される二糖類。甘みはショ糖の約60%で非う蝕性。難消化性で食物繊維のような働きをするほか、ビフィズス菌の餌(えさ)となり、腸内細菌のバランスを良好にする。ラクチュロースを配合した飲料が「おなかの調子を整える」という内容のトクホ(特定保健用食品)の表示許可を取得している。

  • 0.5

    ユーカリ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Eucalyptus globulusなど。フトモモ科の常緑高木。コアラの食べ物としてよく知られ、パルプの原料として大量に植林されている。葉は茶として飲まれるほか精油として利用される。カリウムなどのミネラルが多く、抗酸化力が強いタンニンのエラグ酸などを含み、利尿やむくみの解消、便秘の改善などの作用が知られる。葉の精油成分はシネオールが主成分で、清涼感のあるシャープな香りがあり、抗菌作用が強

  • 0.5

    ヤーコン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Smallanthus sonchifolius。南米のアンデス高原に生育するキク科植物。根芋を食用に、葉はハーブティーとして利用する。根芋はサツマイモに似た外見だが、食感はさくさくして水っぽさがある。腸内の善玉菌であるビフィズス菌の増加に有用なフラクトオリゴ糖を多量に含む。ビタミンB類や亜鉛、鉄などのミネラル、非消化性の多糖類のイヌリンも豊富。葉にインスリンに似た成分が含まれていることが

  • 0.5

    ポリデキストロース(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ブドウ糖、ソルビトール、クエン酸から作られる人工の水溶性食物繊維。糖分の消化を遅らせ、食後の血糖値上昇を抑える作用や、便通や腸内の環境を改善する作用が確認されている。効果が得られる目安量は1日5〜10g。ポリデキストロースを配合した飲料などが「おなかの調子を整える」トクホ(特定保健用食品)の表示許可を取得している。

  • 0.5

    防風通聖散(サプリメント事典, 2011/08/01)

    【漢方】防風(ぼうふう)、黄ごん(おうごん)、大黄(だいおう)、芒硝(ぼうしょう)、麻黄(まおう=エフェドラ)、当帰(とうき)、甘草(かんぞう)、薄荷(はっか)など、18種類の生薬から成る漢方薬。体にこもった熱を取り除き、便秘改善作用に優れている。発汗作用もあり、全体としては老廃物を体内から追い出す解毒の効能を持った漢方薬といえる。最近は肥満やメタボリックシンドローム対策にもよく用いられるが、

  • 0.5

    ペディオコッカス・ペントサセウスIDS884菌(サプリメント事典, 2011/08/01)

    植物由来の乳酸菌。学名Pediococcus pentosaceus IDS 885。濃縮野菜液をペディオコッカス・ペントサセウスIDS885菌で発酵させた飲料で、ヒトの腸内細菌叢に占めるビフィズス菌が増加、腸内環境を改善する作用を確認している。ペディオコッカス・ペントサセウスIDS885菌を含む商品に、大塚チルド食品の「野菜の戦士」がある。

  • 0.5

    ペクチン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    リンゴやミカンなどの果実や、野菜などに含まれている水溶性の食物繊維。実際に植物の中にあるときは、不溶性のプロトペクチンの形をとっていることが多い。腸内細菌のバランスを整えてお通じを良くする作用や、糖質の消化吸収を遅らせて血糖値の上昇を緩やかにし、インスリンの分泌を抑える作用や、コレステロールを下げる効果がある。

  • 0.5

    プロピオン酸菌発酵物(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ホエイ(乳清)をエメンタールチーズ由来のプロピオン酸菌で発酵させて製造したもので、主要成分であるDHNA(1,4-ジヒドロキシ-2-ナフトエ酸)にビフィズス菌を特異的に増殖させる作用がある。プロピオン酸菌による乳清発酵物をのんで、便中に排出された腸内細菌におけるビフィズス菌の割合増加、潰瘍性大腸炎患者の症状改善などが確認されており、「お腹の中のビフィズス菌を増やし、悪玉菌を減らしてお通じを良好

  • 0.5

    プルーン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    セイヨウスモモ(学名Prunus domestica)を、種入りのまま発酵させずに乾燥したもの。鉄分などの各種ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富で、鉄分補給や便秘対策にいいと女性を中心に人気がある。一般に植物性食品に含まれる鉄分(非ヘム鉄)は食べてもなかなか体内に吸収されにくいが、プルーンには鉄分の吸収を助けるビタミンCが豊富に含まれているので、鉄分の吸収率が高い。

  • 0.5

    プランタゴオバタ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    オオバコの一種。プランタゴオバタの種皮に含まれる食物繊維、サイリウムは、水を吸うと膨らむため、摂取すると満腹感が得られ、ダイエット効果が期待できる。腸のぜん動運動を促し、便秘を解消する作用も持つ。コレステロール値、血糖値の降下作用も確認されている。とるときは、一緒にたくさん水を飲むほうがいい。

パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ