カスタムページの設定変更

8件の検索結果  1〜8件を表示

キーワード |'@sh口臭'

×が表示されている記事は、一部図表・写真が除かれています。

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
  • 0.5

    緑茶(サプリメント事典, 2011/08/01)

    カテキンやテアニンといった成分を含み健康飲料としても人気。カテキンは、緑茶の渋み成分。ポリフェノールの一種で、抗酸化力が強く、体脂肪を減らす作用に注目が集まっている。また、緑茶をたくさんのむ女性では、胃がんのリスクが低くなることが日本の疫学研究でわかっている。口臭予防効果や胃潰瘍の原因となるピロリ菌を減らす作用もある。テアニンは、緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種。自律神経系をリラックスさせ

  • 0.5

    マスティックガム(サプリメント事典, 2011/08/01)

    ギリシャに自生しているウルシ科の木、マスティック(和名コショウボク、学名Pistacia Lentiscus)の樹液を加工したもの。かむと、ヒノキに似た香りがする。抗菌作用や抗炎症作用があり、ギリシャでは古くから口臭予防などに使われてきた。1998年に、マスティックガムが胃がんの原因になるピロリ菌を抑制すると発表され、日本でも一躍ブームになった。その後、カゼの予防、歯垢の付着や歯肉炎の予防など

  • 0.5

    パセリ(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Petroselinum crispum。セリ科の二年草。葉が食用で用いられるほか、サプリメントでも用いられる。健胃、利尿、腎結石の予防や改善に効果があるとされるが、腎臓疾患のある人は避けた方がいい。種子からとる精油成分には、口臭を消す作用などがある。

  • 0.5

    シャンピニオン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Agaricus bisporus。フランスで17世紀に栽培が始められたハラタケ科のキノコ。英語名はマッシュルーム。成分を抽出したシャンピニオンエキスは、胃腸症状の改善や善玉ビフィズス菌の増加、腸内の異常発酵抑制などにより口腔内や呼気の臭い、体臭、便臭を減らす作用があるとされている。

  • 0.5

    クロロフィル(サプリメント事典, 2011/08/01)

    野菜や海藻など、光合成を行う生物にある緑色の色素。葉緑素ともいう。抗炎症作用や抗酸化作用があるほか、有害ミネラルのカドミウムや鉛とダイオキシンを体外に出す解毒作用を持つ。腸内で、クロロフィルはマグロやサバなどの魚に多く含まれるダイオキシンに吸着して排出を促すとされる。伝統的には、口臭の予防や便秘の改善、あるいは赤血球の色素と構造が似ていることから貧血の治療に使われてきたが、効果のほどは不明。野

  • 0.5

    カルダモン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Elettaria cardamomum。インドやグァテマラなどで広く栽培されているショウガ科植物。種子に強く複雑な香りがあり、ハーブティーや肉類の臭みを消すスパイスとして料理に使われるほか、薬用にも使う。生薬としての呼び名は小豆蒄(ショウズク)。消化を助け、口臭を減らす働きがあるとされ、マウスウォッシュ(洗口液)やガムなどに配合されている。

  • 0.5

    カモミール(サプリメント事典, 2011/08/01)

    学名Matricaria recutita。医療用ハーブとして古くから利用されているヨーロッパ原産のキク科植物で、ドイツでは医薬品扱い。語源はギリシャ語で「地上のリンゴ」。カモミールはフランス語の読みで、オランダ語の読みからカミツレとも呼ばれる。花が開ききる前に摘んで乾燥させたドライハーブをハーブティーとして楽しむほか、精油も商品化されている。興奮を鎮める鎮静作用、眠りを促す催眠作用といったリ

  • 0.5

    カテキン(サプリメント事典, 2011/08/01)

    緑茶の渋み成分。緑茶葉の乾燥重量の10〜20%を占める。ポリフェノールの一種で、抗酸化力が強い。体脂肪を減らす作用に注目が集まっている。また、お茶をたくさん飲む地域では胃がんの発生率が低いことが知られており、緑茶をたくさんのむ女性は胃がんのリスクが低くなることがわかっており、カテキンのがん予防効果の研究が進んでいる。口臭予防効果や胃潰瘍(いかいよう)の原因となるピロリ菌を減らす作用もある。体脂

    最初 | 前へ | 1 | 次へ | 最後
パネルを閉じる HOME お知らせ

ページの先頭へ